1. ホーム
  2. 一般・総合転職の記事一覧
  3. エンジニアの副業からフリーランスになるにはスキルが重要
2019.02.11
121 views

エンジニアの副業からフリーランスになるにはスキルが重要

エンジニアのスキルを活かして報酬アップ

クラウドソージングの活用

慢性的な人手不足となっているエンジニアですが、エンジニアが収入を少しでも上げていくための方法のひとつに、スキルを活かした副業があります。その代表例として挙げられるのが「クラウドソージング」です。

ひとことでクラウドソージングと言っても、その内容はさまざまですが、大まかに言えば「派遣会社」に近いイメージと思ってください。スキルを持っているエンジニアと、そのスキルを必要としている企業や個人をマッチングするサービスを行っています。

スキルのレベルが高ければ高いほど収入も多くなるので、たとえ副業であったとしても積極的に自分のスキルを活かして、仕事に取り組んでいきましょう。

副業はスキル磨きにも役立つ

スキルや経験が豊富であれば、案件もこちら側から選べるようになります。より高単価な案件に絞って選択することもできるようになるので自分のスキルは最大限に活用していきましょう。

もちろん、高単価の案件に取り組みたいと思っても、スキルが無ければ仕事をすることはできません。単価を上げるためには、自分のスキルを上げていく必要がありますが、その手段としても副業は最適といえるでしょう。

スキルをアピールできるポートフォリオ

エンジニアが副業でスキルをアピールする場合には、必ず「何ができるのか」をアピールしていきましょう。これまでの実績をまとめたポートフォリオの作成は、特に効果的です。

たとえば、クライアントが求めている人材のスキルと、自分が持っているスキルに思い違いがあった場合には、エンジニア側もクライアント側もデメリットになってしまいます。ポートフォリオを作成しておけば、このような行き違いを防ぐことが可能です。クライアントに対して正確に自分のスキルをアピールするためにも、ポートフォリオは作成しておきましょう。

副業でも吸収できることはある

言語やフレームワークが同じだったとしても、その使用方法には多少の個人差が生じます。他の人が書いたコードを見て勉強になったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

いつもとは全く異なる環境下での仕事でも、仕事のやり方や、ほかのクライアントとの仕事のやり取りで自分に吸収できるものがあれば、本業でも副業でも、やがてはスキルとなって効果を発揮することもあります。

エンジニアが副業で仕事を探すためには

単価だけではなく得意分野も意識しよう

いざ副業を始めてみても思い通りに稼げなかったり、なかなか仕事が見つからなかったりといったことは珍しくありません。効率的に報酬を得るためには、まず案件と単価を見比べて、労力に合った仕事量かどうかを判断する必要があります。

一般的には、スキルを必要とする仕事は単価が高く、それほどスキルの必要がない仕事は単価が安くなる傾向にあります。ただし、得意な分野や苦手な仕事内容は人それぞれです。同じ仕事でも得手不得手が出てしまうため、自分の得意分野と苦手分野をしっかりと把握しておく必要があります。

単価の高い仕事だとしても、実際の仕事量を考えてみれば、実際の単価が安くなるというケースもあります。逆に、単価が安くても得意分野であれば、スムーズに仕事をこなすことで事実上の単価が増えることもあります。単価が高い、または低いで仕事を選ぶのも重要ですが、仕事の内容と自分の得意分野などを総合的に判断して、仕事を選んでいきましょう。

直接契約という方法も

企業と直接契約するのも、案件獲得のひとつの方法です。クラウドソージングなどを使って副業を始めた直後は直接仕事を得る機会はほとんどありませんが、ある程度案件をこなせるようになってきたら、直接クライアントから仕事を得るという方法も選択肢に入れてみてください。

クライアントと直接契約ができれば、報酬や労働条件なども細かく提案することもできるようになります。どんなに些細な仕事でも、単価の低い案件でも、クライアントが何を必要としている案件なのかをしっかりと考えながら、ひとつひとつ丁寧に仕事をこなしていくことが重要です。

最初はうまくいかないことも多いと思いますが、諦めることなく、副業でもコツコツと続けていけば、いずれは、安定した収入を得ることができるようになります。そのためにも、日頃からスキルアップを意識した案件の獲得を意識していきましょう。

副業の収入はどれぐらい?

個人差や案件によっても異なりますが、本業の合間にこなす仕事としては、10,000円前後の案件が主になるでしょう。このぐらいの水準が大きな責任を抱える必要もなく、また、副業として稼ぐには十分な金額といえます。

もちろん、これ以上の報酬を得ることができる案件も多いですが、難易度が上がるだけではなく、大きな責任を負わなければならない必要も出てくるため、最初の内は避けた方が無難です。報酬に目がくらんで自分のスキル以上の仕事を引き受けることは大変に危険だということは、念頭に置いておく必要があります。もちろん、副業が原因で、本業に悪い影響が出てしまうようなことのないように気をつけることも重要です。

副業を始める前にしておきたいこと

本業に支障が出ないようにする

副業を始める前に、必ずチェックしておく必要がある項目がいくつかあります。エンジニアであっても、本業と副業をしっかり分けて、仕事をこなしていかなければいけません。

まずは、本業の就業規則をチェックしましょう。会社が副業を禁止していれば、当然、副業で収入を得ることができません。大手の企業でも最近では副業を認めているケースもありますが、禁止している会社も珍しくはありません。

公務員でもない限り、会社員が副業をしても法律的には問題はありませんが、就業規則で定められている場合には、副業はしないで本業に集中するようにしてください。隠れて副業したとしても、20万円以上を副業で稼ぐと確定申告をしなければいけないため、いずれは会社に発覚することになります。

副業でも所得が20万円を超えれば、確定申告をしなければいけません。源泉徴収票や必要経費の管理は、しっかりと行うようにしましょう。税金の手続きは何かと面倒ですが、これといって難しいことはないので、副業を安定させていくためにも重要な手続きと割り切って、時間を割くようにしてください。

仕事環境を整える

副業を始めるためには、仕事環境の整備も重要です。パソコンの性能は重要ですが、最初から持っているパソコンの性能に問題がなければ、そのまま使っても構いません。

インターネットやSkypeを使って打ち合わせをする必要がある場合に備えて、ヘッドセットやカメラは用意しておくほうがいいでしょう。いずれはフリーランスになることも視野に入れた設備投資も一考です。

副業からフリーランスへ

本業と副業の重要度

また副業に慣れてくると、時として本業よりも副業のほうに力が入ってしまうことがあります。しかし、副業の案件をこなしているときには、常に「副業をしている」という認識を忘れてはいけません。本業があってこその副業です。

ただし、ある程度案件もこなせるようになり、仕事の取り方も熟知してきて安定した収入が得られるようになった場合には、フリーランスとしての独立を考えてみるのもいいでしょう。

副業が本気になったらマイナビエージェント

副業と本業との気持ちの入り方が逆転してしまったら、それは、転職を考えるきっかけになるでしょう。フリーランスとして独立できるという自信があるなら、転職エージェントを利用して、本格的な転職活動をしてみてください。

マイナビエージェントは国内最大級の転職の支援実績が国内最大級と言う総合型のエージェントです。エンジニアなどのIT技術職も紹介してくれます。各業界に詳しいキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポート。履歴書の書き方だけではなく、職務経歴書の添削や、面接の対策まで行ってくれます。入社後のアフターフォローも万全なので安心です。

  • マイナビエージェント

    国内最大級の実績で転職活動をサポート「マイナビエージェント」

    登録料 無料
    非公開求人数 公開なし
    対応地域 全国
    おすすめ度
    ★★★★

    マイナビエージェントでは、転職のプロが、個性にマッチした転職支援を実施しています。 転職を成功させるための豊富なノウハウと、約80%の非公開求人で、転職活動を全面的にサポート。 転職活動時のスケジュールはキャリアアドバイザーが管理してくれるので、安心して転職活動に集中できます。もちろん、書類作成や…

エンジニアの副業からフリーランスになるにはスキルが重要

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事