1. ホーム
  2. 一般・総合転職の記事一覧
  3. フリーランスエンジニアは年収が高い?副業をするのとどっちがお得?
2019.02.11
102 views

フリーランスエンジニアは年収が高い?副業をするのとどっちがお得?

エンジニアの平均年収を知ろう!

エンジニアの仕事内容

IT系のエンジニアにはさまざまな仕事内容があり、得意とする分野も異なります。システムエンジニアはクライアントから求められるシステム設計や構築をおこないます。ネットワーク系のエンジニアはその名の通り、クライアントのネットワーク管理をはじめとして、設計や構築をするのが仕事です。

データベースエンジニアはクライアントのデータベースを管理や設計、構築をおこなっていきます。こういったエンジニアの職種は細かく分かれていて、仕事内容はもちろんのことシステムの種類も違うものになってきます。

したがって、年収においても大きく変わってきますので、一人前のエンジニアを目指すにあたっては仕事の内容や難易度、条件を踏まえて仕事をしましょう。

エンジニアの平均年収

エンジニアと聞くと平均年収が高いイメージですが、会社員の場合には仕事の品質に関わらず単価で決まってしまいます。また、年収額が普通のサラリーマンよりも高くても、その分残業が多い職種でもありますので、時間給で考えると大きな差がない場合も多いです。

厚生労働省から出ている「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、40代におけるITエンジニアの平均の年収額は425万円との発表があります。この平均年収の金額にフリーランスエンジニアよりも、年収が低いと感じているエンジニアも多いでしょう。

しかしながら、ここに健康保険や国民年金、各種税金が関わってきますので会社よりも年収が高くなくてはいけません。また、手取りの額が低かったとしても、仕事が安定していることや万が一の保障があるのも魅力です。こうした現状も踏まえた上で、平均年収を知ることが大切だと言えるでしょう。

エンジニアの将来性

インターネットの普及により、さまざまな分野でIT化が進んでいます。そのため、ITを専門にしたエンジニアへのニーズは高く、現在でも人材が不足している状況です。そのため、今後においても需要が高まっていくことが予想されています。

この人材が不足する状況は続くと見られ、2030年には59万人にもなるといわれています。なので、エンジニアの将来性は高く、会社員やフリーランス、副業それぞれでの仕事が発生することでしょう。

高まる需要にあぐらをかくのではなく、市場ではどういったことが求められているか。また、新たな技術の習得に励むエンジニアが仕事を得ていくことが活躍できる秘訣です。

フリーランスエンジニアだと平均年収はアップするの?

個人差が大きい平均年収

会社でエンジニアを務めていると、フリーランスエンジニアの方が稼げると思うエンジニアも多いことでしょう。しかし、そう簡単に年収がアップするわけではありません。

まず当然ながら、自分で仕事を探すところからはじまります。コネクションがあるエンジニアはいいですが、コネクションを持っていないとクラウドソーシングなどを使ったり、営業をしたりしなければいけません。その場合、会社員として働いていた頃よりも単価が安くなってしまう可能性もあります。

スキルや仕事内容の違いはもちろんのこと、クライアントによっても単価が異なってきますので、一概にもフリーランスエンジニアの平均年収の方が高いとは言いきれません。また、年収が上がったとしても、会社側で処理してくれていた雑務や年金等の支払いは、自分でおこなっていかなければいけません。

これらを踏まえた上で、実績を重ねてスキルアップすれば、年収アップを期待できる分野でしょう。

仕事は獲得できるの?

IT業界におけるエンジニア市場は、現在も人材不足にありますので、仕事の獲得自体はしやすいでしょう。特別なコネクションがなくても、クラウドソーシングで仕事を受注することもできます。

また、一定のスキルを持っていれば、リモートワークを取り扱っているエージェントに登録をすることも可能です。自分で革新的な仕事をできるのであれば、フリーランスエンジニアの方がやりがいを感じる場面も多いでしょう。

フリーランスに必要な設備や費用とは

フリーエランスエンジニアになるには、使用するPC環境を良くする必要があります。古いPC環境では仕事にトラブルをきたしてしまったり、スピーディな対応ができなくなったりする恐れがあるかも知れません。

同様にインターネット環境も重要になりますし、セキュリティの強化も考える必要があります。こうした環境で通常の作業向上につながりますし、会議などにおいても万全に対応することができます。

それらを踏まえるとパソコンやインタネット環境向上に必要な費用、インターネットでの会議に必要なマイク等の費用、収入が得られるまでの費用等が必要になるでしょう。こうした費用は仕事選びにも影響してきますので、準備を万全にしてからフリーランスエンジニアとして働くことをおすすめします。

現在の年収に不満なら、転職エージェントを利用しよう!

リクルートエージェント

国内のエージェントの中でも最大の求人数を誇る「リクルートエージェント」。求人最大手のリクルートが運営するだけあり多くの求人数を誇り、1万件もの非公開求人を取り扱っています。求人の質と量双方で申し分がなく、多くのノウハウもあるため、企業からの信頼も獲得しているエージェントです。高いスキルを持ち、好条件を探しているエンジニアも満足できるでしょう。

1977年の創業となり、これまで累計で約37万人の転職サポートをおこなってきていますので、蓄積されているノウハウも相当なもの。提出書類記載のアドバイスや模擬面接をおこなう徹底ぶり。

また、首都圏だけでなく全国に対応しているのもうれしいポイント。キャリアアドバイザーも優秀なので、年収交渉の代行など手厚いサポートを期待できます。

  • リクルートエージェント

    業界トップクラスの求人数を誇る「リクルートエージェント」

    登録料 無料
    非公開求人数 100,000件以上
    対応地域 全国
    おすすめ度
    ★★★★★

    リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーが個別に支援をしてくれる転職エージェントです。 徹底した書類選考対策や、転職に役立つ豊富なコンテンツなど、多角的に転職活動をサポートしています。 約100,000件の非公開求人数も魅力です。転職で悩んでいるなら、まずは履歴書や職務経歴書不要の簡単無料登…

マイナビエージェント

サポートの高さや独占求人が好評の「マイナビエージェント」。株式会社マイナビの運営で手厚く利用者目線のサポートを大切にしています。求人最大大手と比較すると求人数や利用者が少ない部分が目につきますが、その反面、一人一人の利用者のニーズに合わせたサポートを得意としているのです。

また、中小企業の独占求人も多く、他のエージェンシーにはない地方の優良企業などの求人も数多く揃っています。キャリアアドバイザーが非常に丁寧な対応をしますので、転職に慣れていない人やはじめてのエンジニア向けのエージェントです。

  • マイナビエージェント

    国内最大級の実績で転職活動をサポート「マイナビエージェント」

    登録料 無料
    非公開求人数 公開なし
    対応地域 全国
    おすすめ度
    ★★★★

    マイナビエージェントでは、転職のプロが、個性にマッチした転職支援を実施しています。 転職を成功させるための豊富なノウハウと、約80%の非公開求人で、転職活動を全面的にサポート。 転職活動時のスケジュールはキャリアアドバイザーが管理してくれるので、安心して転職活動に集中できます。もちろん、書類作成や…

type転職エージェント

幅広い専門領域の求人が好評の「type転職エージェント」。株式会社キャリアデザインセンターの運営で、求人誌時代から転職サポートをおこなっているノウハウと実績があります。

転職するのであれば大手企業と考えるエンジニアもいますが、魅力的な案件に携わるベンチャーに目を向けるエンジニアもいるでしょう。幅広い専門領域を取り扱っていますので、他のエージェントでは得られないコネクションが生かされた求人も取り扱っています。

また、キャリアアドバイザーには、専門領域の知識をもっている人が多いのも魅力です。人気ベンチャーへの年収交渉や仕事内容の把握など、より具体的にサポートを受けることができるでしょう。

  • type転職エージェント

    手厚い転職支援で年収アップ「type転職エージェント」

    登録料 無料
    非公開求人数 公開なし
    対応地域 全国
    おすすめ度
    ★★★

    type転職エージェントでは、転職の成功までを専任のアドバイザーが全面的にサポートしています。 利用者の約71%が年収アップを実現。非公開求人の紹介もしているため、ほかにはない仕事が見つかる可能性も高まります。 応募書類の作成だけではなく、面接対策や条件交渉など幅広い支援を実施しているので、効率的…

平均年収だけで判断せずに転職エージェントに相談してみよう

エンジニアの仕事は平均年収の高さだけで聞くと聞こえはいいものの、残業の多さや仕事の質なども大きく影響するもの。もちろん、フリーランスとなり自分だけで年収アップを望めればいいのですが、なかなかそんな簡単にはことはすすみません。

平均年収のアップはもちろんですが、多くの企業にコネクションがあるエージェントを利用するのが得策です。今回は大手のエージェントに加えて、対応力の高いエージェントや専門領域の広いエージェントをご紹介しました。現在の年収や条件を比較し、それぞれのエンジニアに適した仕事を紹介してくれることでしょう。

フリーランスエンジニアは年収が高い?副業をするのとどっちがお得?

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事